« 兄貴のグラサン | トップページ | ぐっさん家 »

「ヒロシです」けど

最近、お笑いブームと言われており、テレビでその手の番組が増えたようだ。

で、面白いと思ったのがヒロシ、彼の漫談(?)は、売れないホストという設定で、ムーディーなBGMに乗せて、「ヒロシです」で始まるどことなくおかしい独白、これを繰り返す。このスタイルは客にもお馴染みになったのか、以前見たときより多く笑いを取っていた。
私はお笑いのプロでもなんでもないし、勝手な批評で申し訳ないのだが、確立された独自のスタイルはよいのだが、ネタがどうかと感じた。笑いが欲しいのは分かるが、「ヒロシです...」一発一発で笑いを取ろうとするのは、無理があると思う。そうしようとすると、どうしても一つ一つの独白の奇抜さがエスカレートしてしまい、聞いていてつらくなってくる。今回見たのはその傾向が強かった。
一発一発で笑わせられなくても、二発、三発の合せ技で笑わせるとか、一見無関係に思われるそれぞれの独白が、最後には全体として一つのストーリーが仄見えてくるとか、もう少し本がよければなあ、もったいないなあ、と思った。

ヒロシです、彼女の苗字を知りません。
四番、ピッチャー、ヒロシ...一度言ってみたかっただけとです。

こういった無関係なセリフをポツンポツンと並べてみてもそれほど面白くないが、これを積み重ねていくと、何かおかしな世界が開けてくるとなると、芸の域に達するのでは。

|

« 兄貴のグラサン | トップページ | ぐっさん家 »