« '10/01/11 ゴミ箱から拾ってきた映画、『ゴジラ FINAL WARS』(2004年)北村龍平監督 | トップページ | 東芝 RD-XS53 またしてもDVDドライブ交換 »

HV車はエコか?

HV車(ハイブリッド・カー)とは、エンジンとモーターの二種類の動力源をもつ自動車のことであり、市販されている代表的なものとして、トヨタの「プリウス」、ホンダの「インサイト」などが挙げられる。
はっきり言って、HV車には疑問を感じる。
何よりも、気に入らないのが、内燃機関と、充電池による電動機を組み合わせることで、その機構が非常に複雑になっていることである。
コンピュータ制御により、複雑なプログラムで、両機関を使い分けて、ガソリン消費量並びに二酸化炭素排出量を大きく削減する。しかし、その実現のために、一台の車両の部品点数が大幅に増加し、電子制御のために、レア・メタルも多く必要とする。「エコ・カー」と言いながら、その一台を作成するために必要とされる部材を考えると、車自体は「エコロジー」からは程遠いものと思える。
HV車が「エコ」である意味は、実際のところ、それが少数であり、大多数の車が内燃機関のみの搭載で、HV車より燃費が悪く、多くの二酸化炭素を排出しているという点に支えられている。
それゆえ、それ一台を作るのにかかるコストや、機構の複雑化による、故障の可能性や、点検整備の手間の増大も許容されるのである。
もし、HV車が、急速に普及して、メジャーな存在になったらどうだろうか?
確かに、自動車のガソリン消費量は減るだろうし、大気汚染も減少するだろう。ところが、それを作るために、これまで以上の資源を食い尽すことになるだろう。

HV車にあるのは、所有者の、高いコストを承知の上で「エコロジー」を実践しているという自負と、作り手側の技術者の驕りでしかない。
車種によっては、どれほど「エコ・ドライブ」が実践できたか、運転者に知らせる機能をもったものもあるそうだ。ゲーム感覚と言うか、運転車への動機付けで、「エコ」を強化しようというのだ。個人的には、このような発想をする開発者を嫌悪する。余計なお世話、人を馬鹿にしている。そのうち、この車は、出発の際には「ごきげんよう」とか、「お酒は入ってませんよね」とか、駐車の際には「グッド・ジョブ!」とか、「今日はちょっと急ぎすぎましたね」とか、声をかけてくれるようになるのだろう(苦笑)。
(以前にも書いたが、低速でモーター駆動するHV車の走行音が静かすぎて歩行者が気付かず危険であるので、それを補う何か音を発生させる必要がある、などと考える人はさっぱり理解できない。なぜ、クラクションを鳴らすべきだと考えないのか? シルバーシートやら、女性専用車両やら、こういった低俗な発想は、日本の教育がどこか根本的に誤っていることを示唆している...)

真に「エコロジー」を実践するのであれば、一昔前の 360cc の軽自動車の規格を見直し、現代の技術で作って普及させるべきであると思う。燃費向上の最良の方法は、車両を軽量化することだと思う。それに、何せ、いまだに多くの道路の設計は、その当時の自動車を想定したものであって、肥大化する自動車規格に対応してないのだから、狭く、走りにくく、痛みが早く、補修の手間もコストも大きい。(過積載のトレーラーの頻繁な通行で路肩が縦溝でガタガタの道路は、二輪車には非常に危険だ!)
乗り手は、乗り手で、もっと自転車に乗るとか、もう少し距離があるなら原動機付き自転車も使うとか、やれることは色々あるはず。
だが、それを阻むものが色々あることも十分理解している。「エコ」については、自動車メーカーも、それに言いなりの政府、お役人にも、うんざりだと言いたい。

|

« '10/01/11 ゴミ箱から拾ってきた映画、『ゴジラ FINAL WARS』(2004年)北村龍平監督 | トップページ | 東芝 RD-XS53 またしてもDVDドライブ交換 »