« デジタル or アナログ(その2、カシオ・データバンクの電池交換) | トップページ | '10/03/24 ゴミ箱から拾ってきた映画、『フランコ・ネロとナタリー・ドロンの サタンの誘惑』(伊仏72年)THE MONK »

2010年2月5日「ブレーキ、感覚の問題」 トヨタ常務は安全性を強調、「感覚の問題」とは?

トヨタの誇るハイブリッド車「プリウス」のブレーキが効かなくなることがあるという問題は、世間を大騒ぎさせ、結局、リコールに落ち着いた。当初、メーカー側は「感覚の問題」と主張していたのだが、...
しかし、この言葉は誤解を招く。この場合、「感覚の問題」と言うと、普通は、ブレーキが効かないのではなく、効かないという感覚があるだけで、実際には効かないわけではない、という意味に捉えられてしまう。だが、事実、ブレーキが効かないわずかな時間が生じていたのだ。そのことに気づいたメーカーは、ある時点の生産分からブレーキシステムを変更しており、問題があったのは明らかだ。ゆえに、決して、「感覚の問題」では済まされない。
とはいえ、「感覚の問題」というのは、メーカーの声明そのものではなく、マスコミがそれを要約した、いわばキャッチフレーズである。その言葉の選択、あるいは表現は、メーカーに責任があるのではない。だが、...

報道されたメーカーの声明を読んでみると、問題のハイブリッド車には、一般的な油圧によるブレーキと、「回生ブレーキ」という電気的な仕組みがあり、これらが適時切り替わるようになっているのだが、ABS作動時には、油圧ブレーキに切り替わり、その際、時間がかかり、ブレーキが効かない状況が生じるということらしい。ABSとは、言わずと知れた、アンチロックブレーキシステムの略であり、急ブレーキを踏んだときなど、ブレーキがロックして滑り、制動距離が伸びるのを防ぐため、適切にブレーキを緩め(また効かせ)る仕組みである。ロックして滑ったときに、ブレーキを少し緩めてやってグリップを回復するというのは、基本的なテクニックだが、ABSは、それを人間が行うよりも、素早く確実に行うことことにより、安全性を向上させるのである。ABSはブレーキを緩めるといっても一瞬のことであって、それ自体が原因で「ブレーキが効かない」という感覚をもたらすことはないと思われるが、プリウスの場合、不適切な状況でABSが働いてしまい、それが、不適切な場所での、タイムラグの発生するブレーキシステムの切り替えを起こしたということになる。

メーカーの主張では、「(空走感を感じて)踏み増せばブレーキは効くもので、制動距離が延びるようなものではない」ということになる。すなわち、ブレーキが効かない?!と一瞬ヒヤッとしても、そうすると運転者はブレーキをさらに踏み込むから、その結果、制動距離は伸びず、問題はない、との主張である。まず、ここに、「感覚の問題」の一つがある。
事実、ブレーキが効かず瞬間的に空走しても、制動距離は伸びず、停止できるのだから、結果的にブレーキは効いた、と言える、ということだろう。ブレーキが効かない、と感じられても、止まれるのだから、そのヒヤリ感が問題になるだけで、実用上問題ない、だから「感覚の問題」なのだと。
また、利用者からの空走時間が一秒という声に対して、仕組みとしては(ブレーキシステムの切り替えによるブレーキが効かない状態は)、一秒にはならないはずであり、「感覚的に一秒と言うことだろう」という声明があり、ここからまた「感覚の問題」という言葉が導き出されたものと思われる。

プリウスは、トヨタの誇る技術力を集めた車であり、ブレーキも「普通の車」以上のシステムを備えているのである。よって、運転者は、そのことを心して、「普通の車」の感覚でブレーキ操作をしてはいけないのだ! ここにまた「感覚の問題」がある。そして、技術屋の思い上がりがある。
はっきり言って、必要のないところで動作するABSはないほうがむしろ安全である。ブレーキは、運転者の操作感覚にぴったり対応して動作してくれるのが、分かりやすくて安心できる。(そういう思想で作られているのがブレンボ社のブレーキシステム)
運転者の感覚を無視したハイテクシステムは必要ない。
メーカーには、運転者が安全で確実な運転ができるよう育てる車を提供してもらいたい。無神経で、馬鹿で、下手で、マナー知らずの運転を助長するような車作りはやめてほしい。
主役は、車ではなく、それを操る人間である。

* * *
[追記]
運転免許取立ての初心者が、最初からプリウスのような車に乗るとしたら、それこそ悲劇的だ。そんな選択をする運転者は、もちろん、もっとプリミティブな自動二輪車の運転経験もないだろう。(自動二輪車は安全意識を育てるのに最適な乗り物である!)

HV車はエコか?」でも書いているように、私は「プリウス」が大嫌いだ。
二種類の動力源を積んでいても、電気で走るか、ガソリンで走るか、自分で選択することができないという、運転者の自由意志を無視した無責任の許容が嫌でたまらない。車に任せておけば、あなたはエコを実践していることになりますよ、というメーカーの囁きが心地良いのだろうか? こんなのに喜んで乗っている奴の奴隷根性にはうんざりだ。

|

« デジタル or アナログ(その2、カシオ・データバンクの電池交換) | トップページ | '10/03/24 ゴミ箱から拾ってきた映画、『フランコ・ネロとナタリー・ドロンの サタンの誘惑』(伊仏72年)THE MONK »