« 社会の縮図、あるいは経済構造のパターン | トップページ | やっぱり熊猫が好き(続) »

自分本位な運転をする輩

ある人たちが車で曲がるときブレーキが先かウィンカーが先かで議論していたが、その中の一人が普通ブレーキが先だろうとのたまったのは、まったく理解に苦しむ。先行車にこれをやられると、なぜこの直線でブレーキ、前方に何かあるのか、と警戒した途端、ウィンカーがチカって光って、すぐに曲がっていくのは迷惑に感じる。先にウインカーが出ていれば、ああこの人は曲がるから減速するだろうなと、そのあとブレーキランプが光っても、余裕をもって対処できる。ブレーキが先だという輩は、自分本位で、何のためにウインカーを出すのかわかっていない。(出さないやつよりはマシだが)

右折レーンあるいは左折レーンに入るのにウィンカーを出さない輩も嫌だ。レーンに入った後にウィンカーを出すのはほとんど無意味だ、その後曲がるしかないわけで。曲がる前に、車線を変更します、自分は右に行きますので、あるいは左に行きますので、というのを後続車に伝えるのが肝要なわけで。

なんのためにウインカーを出すのか、そこのところをよく考え直してほしい。

反対車線側のコンビニに入ろうとして、幹線道路を塞ぐ輩は理解不能だ。反対車線が空いていて、すぐに入れるのなら問題ないが、なかなか流れが切れないのが最初から見て取れるだろうに、自分の後ろに待ち行列を作って平気だというのは、自分は何様のつもりなのだろうか? 普通こういう時は、どこかの信号で直接Uターンするか、右折してからUターンするなりして反対車線に入るべきだろう。これまた自分本位な運転。

交差点の左折の信号を待たず、角のコンビニの駐車場をショートカットしていく奴、迷惑極まりない。なぜ、待てないのか。せこい、せこすぎる。こいつの頭の中の理屈では、これは交通ルールに違反してない、ということになるのだろう。このほうがむしろ悪質だ。空いてるのに待たされるのは我慢できないのであれば、ルール無視、堂々と信号無視して左折するほうが潔い。こういう「小物」を軽蔑する。

合流する際に、こちらが近付いていて、その後ろは空いているのに、わざわざギリギリのタイミングで前に入る奴、しかも距離の目測が甘く、こちらにブレーキを踏ませる奴は我慢ならない。そもそもなぜ後ろに入らないのか? こういう奴は少しでも前に入らないと損だとでも考えているのだろうか?

車は老若男女、何ぼのものが運転しているかわからない。自分も棚に上げられないが、車は周りが見えにくく、危険をもたらす存在である。無防備だが周りが良く見える二輪に乗っているとそのことがよくわかる。変に守られている安心感があるから、無茶なことを平気でやらかす。二輪に乗っているとき、たとえこちらが優先の進路であっても、横から飛び出てきやしないか、まったく信用ならないから、必ず運転手の顔を見てこちらに気づいているか確認するようにしている。

朝の通勤時間帯、信号のない交差点で、歩行者がいるのに減速せずに突っ込んでくる奴は、切符を切られてしかるべきだ。こういう馬鹿は車から引きずり出して、説教してやりたくなる。

自分本位な運転をする輩は、原付一種に乗れ、と言いたい。そして、周りの車を見て、自分がどれほど迷惑な運転をしていたか、反省してほしい。
(あるいは、プリウスより、スーパーカブのほうがエコである)
(トヨタに代表される自動車メーカーは、運転手を甘えさせる車づくりに専念しているのが、気にいらない)

(また書き足します)

|

« 社会の縮図、あるいは経済構造のパターン | トップページ | やっぱり熊猫が好き(続) »