« DUCATI よりも aprilia が好き | トップページ | マイナンバーカード »

3.11 東日本大震災から5年とNHKへの提言

3.11 東日本大震災から5年の様子を、各テレビ局が放送した中で、やはりNHK制作の番組が充実していた。その中でも、とりわけショックだったのは、福島原発事故の除染廃棄物を詰め込んだフレコンバッグが積み上げられ並べられている光景だった。
92
詳しくは、例えば、毎日新聞の記事「福島原発事故 積み上がる除染廃棄物」ページを参照されたい。

NHKはほとんど見ないのに、高い受信料を取られるのは納得がいかない。朝の連続小説も大河ドラマも一切見ない。特に最近関心しないのは、昔は無名の新人役者を主役に据えていた朝のドラマで、他局で人気の出た役者を引っ張ってきたり、教育番組にタレントを起用したりすることである。ドラマ「バンビ~ノ!」のウェイター役さながらに、北村一輝がイタリア語会話番組に出演するのはまだしも、教養番組に吉本興業のお笑いコンビをキャスティングするのはいただけない。いずれにせよ、そこに自分の払った受信料を投じてもらいたくないのだ。そんなことに金を使わずに、少しでも受信料を下げる努力をしてもらいたい、と思うのである。

そこで提案したいのは、NHKの解体と分社化である。

小泉純一郎が郵政民営化で郵便局の事業を別会社に分割したように、NHKも各部門を切り離して分社化し、受信料徴収で運営されるのは、報道のみに特化、他のジャンルはすべて民営、独立採算とすべきである。
事実、NHKの放送番組に関連した雑誌や書籍を出版する子会社であるNHK出版は、優良な事業実績を誇っている。ならば、同様に、ドラマ専門の会社があってもよいし、教育番組だけを手掛ける会社があってもよいのではないか。そうであれば、どんなタレントを使おうが、文句を言う気はない。関連会社の宣伝を中心にコマーシャルも流して広告収入を得るのもよいのではないか。

|

« DUCATI よりも aprilia が好き | トップページ | マイナンバーカード »