« KTM Duke 125 ナビ みたび | トップページ | 3.11 東日本大震災から5年とNHKへの提言 »

DUCATI よりも aprilia が好き

アプリリア aprilia RS4 125 です。兄貴分、あるいは親父分とでも言うべきRSV4は、V型4気筒エンジンを搭載しているがゆえに「V4」なのであるが、RS4 125 は何が「4」なのか。

2012apriliars4125c

(スーパーバイク世界選手権のイメージカラー、派手です)
Aprilia_rs4_125_alitalia_11

「RS4 125はアプリリアの最高峰モデルRSV4を踏襲したデザインとなっております」が、車体構成は、先代の RS125 を踏襲している。RS125 が2ストロークエンジンを積んでいたのに対し、これは4ストロークエンジンである。つまり、4ストローク125ccのエンジンというので、「RS4 125」なのである。
その味付けは、RS125 同様、きっちり回してやらないとパワーがでないのだが、心配することはない、回る、回る、ローギアからあまりに回るので、回しすぎないように注意しないといけないほど。どれだけ回そうが、たかが125cc、大した速度は出ない。高速道路並みの速度が出ている道路で、四輪のペースにはとても付いていけない。
125ccにしては、そこそこ高価な車両なのだが、コストダウンされている部分もあって、特にメーター周りはさびしい、というか、しょぼい、と言うべき。(KTM DUKE 125 に劣る。DUKEは液晶パネルに、速度、回転数、シフトポジション、水温、燃料残容量、時計、各種警告その他が表示される)
ニュートラルやウィンカーがわかりにくいのは困ったものだ。それに、時計がないのは残念、かつ不便。
iPhone用のアームバンドを使ってみたが、Yahoo!カーナビを使うとあっという間にバッテリ切れになってしまい、使えない。そこで、これに腕時計を入れて使っていたのだが、いちいち面倒なので、車載用の電波時計を付けてしまった。少々大きい。

7160fyu8d0l_sl1500_

Img_0123

41vjtkqf8ol

ついでに、USB電源供給できるように、ソケットも付けてみた。付属のハンドルパーマウントがうギリギリうまく収まり、なにか、最初から付いていたかのようにぴったりである。

Img_0124

616agvxmhl_sl1024_
61xvyruxxul_sl1024_
コードは例によってバッテリ直結とした。(RS4 125 のバッテリは、タンク下にある。いくつかネジを外すと、シート前のヒンジで後方に跳ね上げられる。このように車体構成は RS125 と変わらない)
で、これを何に使うか。元はと言えば、アームバンドに入れた iPhone への電源供給、を考えていたが、それならば、モバイルバッテリをウエストバッグに入れてケーブルを繋いだほうがスマートな気もする。

[後書き]
標準のステップが妙に低いと感じていたので、BabyFace製 RS4 125用セットバックプレートを付けて、真ん中のポジションにしたところ、違和感なく普通に感じるようになった。

「アームバンドに入れた iPhone への電源供給」やってみた。使えなくはなかったが、車両に取り付けたほうが見
やすいに決まっている... それより問題は、iPhone が高温警告で使えなくなってしまったことだ。カバーを外して、しばらく冷ましてから、本体のみアームバンドに入れてみたところ、その後は大丈夫だった。
家に戻ってから、KTM DUKE 125 から外した、iPhone用の防水ケースとマウントを車両に取り付けた。

160502_1522002

312sonmk4l
61xtuy0cckl_sl1280_

ハリケーン製バイクハンドル用クランプバーを、タンクを止めるボルトで、ゴムワッシャーをかまして一緒に留めた。ハンドルを左右目いっぱいに切っても当たらないことは確認済み。もちろん、USBケーブルはゆとりを持たせないと、ハンドルを切ると抜けてしまうので注意が必要。

160502_1523001_2

実用上はこの方がよさそうだが、もう少し目立たたない配置にしたいなあ、というのが正直なところ。また考える。

|

« KTM Duke 125 ナビ みたび | トップページ | 3.11 東日本大震災から5年とNHKへの提言 »