« 3.11 東日本大震災から5年とNHKへの提言 | トップページ | 三菱自動車の燃費不正に関する問題 »

マイナンバーカード

マイナンバーを、吹けば飛ぶような通知カードだけで済ませてしまうのは信じられない。せっかくの番号なのだから、ちゃんとしたカードで持っていたい。早速、申請の準備を行った。

Mynumber01

マイナンバーカードを申請し、2015/12/13 に「【個人番号カード】申請受付完了のお知らせ」を受け取ったが、発行通知がなかなか届かなかった。四ヶ月待って何の通知もないので、しびれを切らして、2016/04/10 に問い合わせたところ、その返答が何をいまさら、

「交付までにお時間を頂き、ご心配をおかけしております。現在、一斉の申請のため、お時間を頂いている状態です。マイナンバーカードの交付申請書の受領時期と、マイナンバーカードを発行し、市区町村に発送のために郵便局に差し出す時期との対応については、下記サイトに記載がございますので、ご確認頂けますでしょうか。

■マイナンバーカード交付申請(マイナンバーカード総合サイト)
https://www.kojinbango-card.go.jp/kofushinse/index.html

差し出されたマイナンバーカードは、郵便局から市区町村へと順次発送され、交付準備が整い次第、市区町村から交付通知書が送付されます。しかし、交付窓口の混雑を緩和するために、交付通知書の発送を調整する場合もございます。

このため、マイナンバーカード総合サイトに記載の差し出し時期から、マイナンバーカードを実際に受け取ることができるまでにはお時間がかかることにご留意くださいますようお願い致します。

明確な時期についてご案内できず申し訳ございませんが、交付通知書がお手元に届きますまで、今しばらくお待ち頂くよう、お願い致します。」

とのことだが、このページを見る限り、2月中に通知が発送される予定ではなかっただろうか。それが2か月遅れても何の知らせ一つないというのが、そういうお仕事ぶりで、と思わせずにはいられない。
(ご存知のとおり、システムのトラブルで交付準備が大幅に遅れたことは、一般報道されている。そういう問題はまるでなかったような、体面重視の回答ぶり。
そして、トラブルがようやく解消したとの報道があって、...)

この問合せを入れてからしばらく後、4月下旬にようやく通知が届いた。
通知は葉書で、公布場所がシールを貼って隠されていた。シールを剥がして見てみると、場所は役場(市町村合併前の町役場、現在は「総合支所」と呼ばれている)とのこと。これとは別に、恐らく、管轄が異なるということだろう、市から案内の封書が届き、その内容を確認すると、平日に事前電話予約の上、来るようにとのこと。ゴールデンウィークで連休にしていたので、平日休みがあって丁度良かった。8:30の開始時間ちょいすぎで電話したところ、すでに同様の予約問合せがいくつかあるらしく、折り返し待ちとなる。しばらく待って電話がかかってきて、本日の予約状況を確認したところ、以外にも、午前中はすでに埋まっていて、午後の枠二つぐらいしかない。要は、5月からようやく公布できる体制が整って、これが初日だったのだろう。狭い町ではあるが、自分以外にもカード発行を待ちわびていた人々がいたのである。

[発行の手続き概要]
マイナンバーの通知カード、公布通知書類、個人証明書類(運転免許証でOK)、認印をもって、旧役場を訪れる。引き取りの書類に必要事項を記入。証明書のパスワード(英数6桁以上)、認証番号(数字4桁)を用紙に記入。この用紙は提出するものではなく(それではセキュリティ上、パスワード管理の問題が発生してしまう)、自分の覚えのための控えになるもの。
しばらく待って、登録準備ができたということで、場所を移動。そこにはPCディスプレイとノートPCがあった。背面を見せたノートPCの前に立たされると、担当者がUSB接続のカメラを手に持って、こちらの顔を撮影する。どうやら、申請に使った写真(画像)と、申請者本人の顔を、何らかのソフトウェアで比較し、一致するか確認しているらしい。これにパスすると、次にPCディスプレイの前に立たされる、このディスプレイはタッチパネルになっていて、さきほど紙に書いたパスワードと暗証番号をソフトウェアキーボードで入力するのである。このキーボード配列がPCともスマートフォンとも異なる、ABC順のもので入力しにくかったのだが、思わず、「爺さん婆さんはどうするんだろう」とつぶやいてしまった(ものの、心配ご無用、爺さん婆さんは、個人カードを申請しないでしょう... マイナンバー関係ないね)。これで、あとは受領書に署名捺印して、カードを受け取ることができた。
注意が必要なのは、カードの有効期限は10年だが、電子証明書は5年で更新が必要になること。電子申請を行うつもりがなければ、電子証明書は必要ないように思えるが、更新は必要になるだろう。

[個人番号カードの記載事項]
// 表面
氏名、住所、顔写真、性別、生年月日、有効期限、
電子証明書の有効期限の手書き欄、臓器提供意思の手書き欄、
左下のほうに何か長い数字列と、4桁の番号あり(なんのコードか?)
// 裏面
個人番号、氏名、生年月日

Card

カードは、ピンクっぽい、もわっーとした色調、締まりのないデザインで、うーんと落胆させられる。所有感は弱い。個人証明書としても使えるものだから、持っていて誇らしいものが良かった。これだと家に置きっぱなしになりそうで残念。

|

« 3.11 東日本大震災から5年とNHKへの提言 | トップページ | 三菱自動車の燃費不正に関する問題 »