« 富士通 LIFEBOOK TH40/D FMVT40D が遅すぎて使いものにならない | トップページ | KTM Duke ヘルメットふたたび »

アプリリア RS4 125 vs. KTM DUKE 125

アプリリア RS4 125 と KTM DUKE 125 のどちらが良いかというのは、難しい。それぞれの良さや味があるので、用途によって乗り分けるようにしている。Rs4125
Duke125

単純にどちらがスピードが出るかと言えば、絶対的な最高速度は大差ないが、RS4 125 のほうが、速度が上がりやすい。DUKE 125 の場合、低いギアでは、回転を上げるとリミッターに当たってしまうのだが、RS4 125 は一挙に1万回転以上に吹け上がる(のが気持ち良い)。タコメーターの刻みは、…9、11、13で打ち止めで、1万回転から1.1万回転あたりで回して走ると気持ち良く、レッドゾーン表示がないので、1.1万回転を越えて回して大丈夫なのか心配で、まだそこまでは回してない。
この軽く回転が上がるところが、RS4 125 の持ち味で、乗っていてとても楽しい。とはいえ、実際のところ、それだけ回しても大した速度が出るわけではない。(兄貴分の RSV4 は回転が上がらないわけではないが、同じように上げたらとんでもないスピードが出てしまうので、シフトアップ警告LED点灯回転数を調整して、意識して回転が上がりすぎないようにする必要がある。回せばスピードが上がる一方、燃料も相当食ってしまう!)
パワーのない125cc車の欠点として、平坦な道はいざしらず、登りとなると、どうしても速度が落ちてしまう。ギアを下げて回転を上げるしかないが、それでも速度落ちは避けられない。この点は両車とも共通。
狭く曲がりくねった峠道となると、絶対的に DUKE 125 のほうが扱いやすい。3速、2速多用でも扱いやすい。ただし、速度はどうしても上がらない。道が平坦になると、直立した乗車姿勢の空気抵抗が大きく、伏せるとそれだけで速度が結構上がる。頑張って回して走り続けるのは少々しんどい。高回転を維持した走行であれば、RS4 125 のほうが走りやすいが、ツーリングあるいは目的を持った遠距離走行の場合は、DUKE 125 のほうがナビゲーションも見やすいし、走行に融通が利くのが向いている。
RS4 125 の速度に不満を感じるので、ボアアップやら、マフラーの交換やら検討中ではあるが、どちらも限られた能力をいかに引き出して使うかという乗り方を極めたいもので、しばらくは現状維持となりそう。

|

« 富士通 LIFEBOOK TH40/D FMVT40D が遅すぎて使いものにならない | トップページ | KTM Duke ヘルメットふたたび »