« 拙訳ロリー・ギャラガー「オフ・ザ・ハンドル」my poor translation of "Off the Handle" by Rory Gallagher | トップページ | 拙訳ドノヴァン「ザ・ライト」my poor translation of "The Light" by Donovan »

拙訳バークレイ・ジェイムス・ハーヴェスト「フォー・ノー・ワン」my poor translation of "For No One" by Barclay James Harvest

まず、オンライン辞書の記載内容を無断転載していると非難されないように、調べた単語や例文などの出典を、再度、明確にしておきたい。基本的に、weblio 英和辞典・和英辞典を利用しています。詳細については、「拙訳タンジェリン・ドリーム「タイガー」my poor translation of "Tyger" by Tangerine Dream」に記載したとおりです。

71fges2yvl_ac_sl1500_

アルバムの「拙訳」邦題は、Google翻訳結果そのままである。「拙訳」歌詞もまた、Google翻訳結果に手を加えたもの。

//--- 原文と拙訳(旋律に合わせて、というか、合わせたつもり)
"For No One" by Barclay James Harvest (Track 9 on "Everyone Is Everybody Else", 1974)
バークレイ・ジェイムス・ハーヴェスト「誰のためでもなく」(『誰もがみんな他の人』(邦題は『宇宙の子供』)収録)

Please lay down your pistols and your rifles
Please lay down your colours and your creeds
Please lay down your thoughts of being no-one
Concentrate on what you ought to be

ピストルとライフルを捨ててくれ
軍隊と信条を捨ててくれ
誰でもないなんて思いを捨ててくれ
あるべき自分に集中せよ

Then lay down your bullshit and your protests
Then lay down your governments of greed
Take a look at what lies all around you
Then pray God we can live in peace

でたらめと抗議を捨ててくれ
欲まみれの政府を捨ててくれ
周りにあるものをよく見よ
平和な暮らしを神に祈れ

Everyone's a loner 'till he needs a helping hand
Everyone is everybody else
Everyone's a no-one 'till he wants to make a stand
God alone knows how we will survive

手を差し伸べられるまで誰もが孤独
誰もが誰もの他人
誰も誰でもない、立場を確立するまで[は]
いかに生きるべきか[は]神のみぞ知る

So please lay down your pistols and your rifles
Please lay down your colours and your creeds
Please lay down your thoughts of being no-one
Concentrate on what you ought to be

ピストルとライフルを捨ててくれ
軍隊と信条を捨ててくれ
誰でもないなんて思いを捨ててくれ
あるべき自分に集中せよ

Everyone's a loner 'till he needs a helping hand
Everyone is everybody else
Everyone's a no-one 'till he wants to make a stand
God alone knows how we will survive

手を差し伸べられるまで誰もが孤独
誰もが誰もの他人
誰も誰でもない、立場を確立するまで[は]
いかに生きるべきか[は]神のみぞ知る

61s7vs9q4el_ac_

//--- イディオム、例文、単語など
lay down
〈武器・命などを〉捨てる、なげうつ;〈仕事・職などを〉やめる
color[複数形で]国旗、軍旗、連隊旗、船舶旗;[the colors]軍隊
creed(宗教上の)信経、[the C~]使徒信経;(一般に)信条、信念、主義、綱領

bullshit たわごと、でたらめ
protest 抗議、異議〔against〕;抗議書;〔+that〕〈…という〉異議の申し立て;抗議集会[デモ]
government 支配、管理、運営
・the government of a university 大学の管理[運営]
・under the government of Mr. Smith スミス氏の管理の下に

loner《口語》(他人と交わらないで)一人で行動[生活]する人、「一匹狼」
helping hand[a helping hand]援助の手、助力、手助け
make a stand 踏み留まる、踏ん張る、抵抗する
make a stand Alternative form of 'take a stand'
take a stand 立場を表明する;立場をはっきりさせる

//--- 拙訳について
ちょっとなに言っているのかわからないような歌詞で、それは間違いなく、自分がうまく訳せなかったことが原因の一つだが、それだけではないだろう。この曲が特段好きなわけではないが、注目すべき理由があるる。
このアルバムから、バンドはレコード会社を移籍し、以前の、オーケストラを背後に配した演奏から決別した。
この曲は、以前のバンドとはやや異なった(オーケストラなしでも変わっていないというべき)、バークレイ・ジェイムス・ハーヴェストの楽曲の特徴の一つがよく表れていると思う。それは、
「メロトロンの洪水」
である。渋谷陽一なら「メロメロ、メロトロン」とでも言うだろうか。
カントリー風味の二曲から、切れ目なく、アルバム最後を飾るこの曲に移行する。このあたりの異様な盛り上がりは、間違いなく、このアルバムの聴きどころでしょう。
滔々(とうとう)と流れるメロトロンの音を、鋭いエレクトリック・ギターが切り裂く。この「サウンド」がとても心地よい。

|

« 拙訳ロリー・ギャラガー「オフ・ザ・ハンドル」my poor translation of "Off the Handle" by Rory Gallagher | トップページ | 拙訳ドノヴァン「ザ・ライト」my poor translation of "The Light" by Donovan »