« シェイクスピアの二十八番そねっと | トップページ | 拙訳レオ・セイヤー「ベッドシッターランド」my poor translation of "Bedsitterland" by Leo Sayer »

拙訳レオ・セイヤー「アナザーイヤー」my poor translation of "Another Year" by Leo Sayer

過去記事(「2004年2月」〜)は、左側の「バックナンバー」の文字をクリック!
まず、オンライン辞書の記載内容を無断転載していると非難されないように、調べた単語や例文などの出典を、再度、明確にしておきたい。基本的に、weblio 英和辞典・和英辞典を利用しています。詳細については、「拙訳タンジェリン・ドリーム「タイガー」my poor translation of "Tyger" by Tangerine Dream」に記載したとおりです。

81hhfwddnl_ac_sl1441_ ← Amazonで購入できます! 

以前の記事「拙訳レオ・セイヤー「アンラッキー・イン・ラブ」my poor translation of "Unlucky in Love" by Leo Sayer」、「拙訳レオ・セイヤー「ムーンライティング」my poor translation of "Moonlighting" by Leo Sayer」で取り上げているアルバムから、最後を飾る「タイトル・チューン(表題曲)」です。

//--- 原文と拙訳(旋律に合わせて)
"Another Year" by Leo Sayer (Track 10 on "Another Year", 1975)
レオ・セイヤー「また一年」(『また一年』収録)

Oh it's twelve o'clock
On the old grey wall
Yet another year
'75 is here
I hear all the people celebrating another year

ああ、もう十二時
[古い]灰色の壁に
また一年
75年から
みんなが祝って[い]るのが聞こえる、また一年

Oh darkness, darkness
Inside my head
I'm on my own again
That's what I think I said
This place is just a one-horse town
So let the rain fall down

ああ、闇よ、闇
頭の中
また一人きり
言ったと思うこと
ここはへんぴな町
雨に降られて

Year and year again
I'll be sitting here reflecting
How nothing's changed
But am I still the same?
People blow up all around me
Yet I remain
Nothing's changed

ゆく年くる年
座って考えている
何も変わらない
自分も同じままか
周りの人はいなくなる
自分は残って[い]る
何も変わらない

Another day begins
The same old same again
It's like some movie scene
I know it all frame by frame
I'll try to figure out what it means
Some other day

また一日
代り映えしない
まるで映画のよう
全部覚えて[い]る
なんの意味があるか、考えてみよう
そのうち

Now my diary
Is looking back at me
Oh it's another year
'76 is here
I'm watching all the people celebrating another year

この日記
振り返れば
また一年
76年に
みんなが祝って[い]るのが聞こえる、また一年

It's another year
また一年

Another year
また一年

 

//--- イディオム、例文、単語など
one-horse town ちっぽけな町、辺ぴな町
same old same old《the ~》いつもと同じだ、相変わらずだ
some other day いつか別の日に、日を改めて

//--- 拙訳について
この歌詞の翻訳に当たっては、辞書は、アルクの「英辞郎 on the WEB」のみを使っている。

Year and year again
この訳語「ゆく年、くる年」こそ、この曲の全体を表していると思う。欧米人みなが騒いで過ごすわけではなさそうですね。

大晦日の過ごし方は色々あると思う。
最近だと、アメリカ猿まね商売、カウントダウンに花火[だったら、その前に、「蛍の光」で社交ダンスすべきでは?]が定番になりつあるのかもしれないが、個人的には、除夜の鐘を静かに聴いて過ごしたいところ。

|

« シェイクスピアの二十八番そねっと | トップページ | 拙訳レオ・セイヤー「ベッドシッターランド」my poor translation of "Bedsitterland" by Leo Sayer »