Windowsタスクスケジューラーのタスクがスリープ中に実行されない(続「古いMacBookの活用方法」)

去年の夏、「古いMacBookの活用方法」に書いたように、古い Core2Duo の MacBookPro を、ダイナミックDNSの更新に使うようにしたのは、Apple Macintosh は、指定時刻に自動起動させたり、システム終了させる機能があるからだった。
ところが、別の設定を行うのに、この MacBookPro が都合が良かったので、使ってみたところ、Webサイトを開くだけで時間がかかり過ぎ、無造作にタッチパッドを叩いてもクリックしたことにならない(異様に反応が悪い)ことに、無駄に時間を取られるばかりだった。(ブラウザがセキュリティ更新を積み重ねていくうちに、すっかり重くなった?)

結局、作業は別のノートPCで済ませた。Windows 7 が、インストールされた、Panasonic Let's Note である。これも最近、ほとんど使っておらず、使い道がないのであれば、MacBookPro を置き換えられないか考えた。

Let's Note には、BIOS設定で指定時刻に起動するような機能はない。無駄に電気を消費したくないので、コマンド実行時以外は、せめてスリープさせておきたい。
思い出したのだが、確か、Windows のタスクスケジューラは、スリープ中でも「目覚めて」実行するように設定できたはず。ならば、必要なコマンド実行後に、コマンド実行でスリープさせれば、電気の消費を必要最小限に抑えられるはず。

まず、引っかかったのが、MacBookPro では標準の curl コマンドを使っていたが、これが Windows 7 では使えなかった。あれっ?と思ったが、Windows で Curl コマンドが標準になったのは 10 からだった。だが、Windows用のバイナリをダウンロードして、パスを通せば普通に使える。これで問題解決。

Windows をコマンドでシャットダウンさせたり、スリープさせたりするのは、以前やっていたが、方法をすっかり忘れており、ネット検索して、テストOK。

ところが、タスク実行の設定時刻になっても、スリープから目覚めない。タスクスケジューラの設定は必要十分で間違いなし。わからん、と思い、ネット検索したところ、ありました。自分が参考にさせてもらったのは、「Windowsタスクスケジューラーのスリープ解除実行でハマったこと」という記事。要は、電源管理の詳細設定で、それなりに設定しないと、タスクスケジューラで設定したタスクの「タスクを実行するためにスリープを解除する」設定は動作しないということです。

これでテストして、MacBookPro を置き換えることができた。ただし、一点、MacBookPro は、スリープ中でもUSB給電されていたが、Let's Note だとされない。Panasonic製ユーティリティで設定できたような、と思って探してみたり、Windows のコントロールパネルの電源設定で詳細設定をいじくれば、スリープ中でもUSB給電できるように設定できるのではないかとやってみたのだが、うまくいかず、この点は保留・宿題とした。

で、一つ大問題が残った。古い MacBookPro はどうすべきか?

|

IPv6(IPoE)対IPv4(PPPoE)接続環境

先日の記事「古いMacBookの活用方法http://eiji-takagi.cocolog-nifty.com/notebook/2023/07/post-383a2f.html」で、もはや「レガシー」な(旧態依然とした)、IPv4・PPPoE接続環境を復活、再導入したことを報告している。ファイアーウォール・アプライアンスを繋いでいるが、実用的な利用はない。今回、試したかった、IPv6(IPoE)環境との速度比較を行ってみた。
しょっちゅう接続するアクセスポイントへの応答接続を比較したところ、IPv4・PPPoE接続環境は相当遅い。PINGが「パケ落ち」するわ、リモートデスクトップが落ちるぐらい。信じられなかった、以前はこういった環境を利用していたのに。
本当は用途に応じて、接続環境を厳密に分けたく、以前はフレッツ光ネクストのPPPoE接続×2チャンネルを活用していたのだが、IPv6(IPoE接続)は、回線に「紐づく」ため、インターネット接続環境を分けようとすると、もう一回線必要になり費用が嵩む。これは無理。そのため、併用できる、PPPoE接続環境を準備し直したのだが、実用にならないことが判明した。
この遅さの原因が、接続方式にあるのか、プロバイダの問題なのか、経路の問題なのか、まだ通信先一か所でしか試してないので、明確でない。利用検討していた用途に使えないことだけは、はっきりした。他に利用用途があるか?

[追記]
さらに、一番よくアクセスするWebサイトと、国内の代表的なFTPサイトへの、PINGの応答速度を比較してみたが、やはり、圧倒的にIPv4・PPPoE接続環境が遅い。IPv4だろうが、IPv6だろうが、原理的には、通信速度には関係ないと思うが、諸事情が絡んでいるのだろうか? 安かろう悪かろう?(混雑状況の差?)

|

古いMacBookの活用方法

「IPv4 over IPv6」対応してから、IPv4固定IPアドレスで使っていたプロバイダが廃業して、フレッツ光ネクストのPPPoE×2チャンネルが使わないままになっていたのを、別プロバイダのPPPoE接続で再利用することにした。ずっと使っているダイナミックDNSのドメインを、PPPoE接続IPv4環境のほうに移そうとして、はて、ダイナミックDNS更新をどのように実施するかが問題になった。
以前は、メール受信で更新しており、普段使っているメーラに、アカウント設定を入れて、定期的に受信させてやればよかった。普段使っているメーラは、IPv6環境で使っているので、そのアカウントは削除した。新たなPPPoE接続は、ファイアーウォール・アプライアンスで行うことにした。ずっと使っているダイナミックDNSサービスは、そのファイアーウォール・アプライアンスは対応していない。なにか適当なPCを動作させておけばよいのだが、現在の大原則として、無駄に電気を使わないというものがあり、必要のないときには電源を落としておきたい。かといって定期的に手動実施するのは面倒。そうすると、タイマー機能で電源を入れられるPCが良い。
残念ながら、手持ちの Windows や Linux を入れてあるPCで、その手の機能を持つものはなかった。ふと、思いついたのは、もしかして、Apple Macintosh には、自動起動の機能があるのではないかということだ。で、調べてみたところ、ありました。例えば、このサイトの記事「指定した時間にMacを自動的に起動・再起動・システム終了させる方法」はどうだろう。
以前、iTunes を使っていた、Core2Duo の MacBookPro が予備として、使わずに置いてある。試してみたところ、うまく行った。Macintosh は、ハードウェアとOSが一体になっていてわかりやすいのは、ある種メリットかもしれない。毎日、自動起動、スリープさせて、その間に、ダイナミックDNSを適当なコマンド実行で更新すればよい。コマンド実行は、Mac の場合、Windows の「タスク・スケジューラ」のような標準ユーティリティはないが、普通に、UNIX流の昔ながらの cron が利用できる。
コマンドラインには、アカウント情報を含める必要があるので、できれば、SSL暗号化に対応したい。Mac で標準で使えるコマンドを知らべたところ、curl コマンドが https を使える。(FTPS に対応したコマンドは入っていなかった)
うまくダイナミックDNSサービスに現在のIPアドレスを伝えられているかどうかは、ダイナミックDNSサービスのログで確認できる。定期実行ジョブが毎回実行されているかどうかは、Mac の場合、標準で cron のログは取らない設定になっているが、cron 実行者にメール通知される。これまた、昔ながらに、ターミナルを開くと、メールが来ていると通知があるので、mail コマンドで確認すればよい。Mac での cron 利用については、例えば、「MacでCron」といった記事が参考になる。
Core2Duo では、iTunes の操作が重すぎて、使いたくなくなって、もう少しマシな機種に替えたが、この程度のサーバ用途であれば十分すぎるだろう。逆に cron で curl コマンドを実行するだけでは役不足である。今後、IPv4環境でできることを少しずつ増やしていきたい。

|

Windows OS(に限らない各種OS)のウィンドウの移動とマルチ・モニタ環境について

職場で二台のディスプレイを横並びにして操作することが増えているだろうか?
例えば、右側のディスプレイに作業手順書を表示して、それを見ながら、左側のディスプレイで作業を行うといった具合。このようなやり方は「ペーパーレス」推進とともに増えたのだと思う。自分は昔ながらの人間なので、印刷した作業手順書を手元に置いて、適時書き込みをしたりしながら、一台のディスプレイで作業するのを好む。しかし、最近では印刷ができない作業環境もざらにある。紙にデータ出力するのは、情報ろうえいの元凶だというわけだ。
マルチ・モニタ派対シングル・モニタ派で、後者の自分がよく困ったのは、共有フォルダに置かれて、複数人で同じものを使用していたあるソフトで、これは、終了時の画面位置を記憶して、次回起動時、同じ位置に表示されるようになっていた。マルチ・モニタ派の人がそれを右のディスプレイで使ったあと、シングル・モニタ派の自分がそれを起動すると、起動したのにどこにもその画面が見当たらないことになる。
こういうときの操作法は、ネット解説が十分あり、例えば、
"@IT" サイトの "Tech Tips"「画面外に移動してしまったウィンドウを表示領域内に戻す【Windows】
が役に立つ。
(そもそも、モニタ環境は変わることがあるのだから、前回終了時の位置が、現在のディスプレイの範囲外になる場合は、補正するようにプログラムしておくべきだと思うが、そのソフトの作者が、そんなことを想定できていなかったとしても、何の責任もない)

自分の場合、ノートPCのような、シングル・ディスプレイ環境においてでさえ、ウィンドウがどこにいったのか見失うことがよくある。複数ウィンドウを並べて表示したりしたいとき、他にもウィンドウを開いて、それが重なると操作が面倒になるのを避けるため、タイトルバーだけ見えるように残して、そのウィンドウをほぼディスプレイの枠外に追いやったりしていると、そうなりがちである。
そういうことが起こるたび、常々思っていたのは、なぜ各種OSのウィンドウ・システムでは、そのようなウィンドウ配置ができてしまうのか、ということである。枠外にはみ出て見えなくなった部分はどうなってしまっているのか? 自分の感覚としては、見えない部分には、はみ出せないほうがしっくりくる。もっとしっくりくるように思えるのは、枠外にはみ出るほど移動しようとした場合は、枠線から出ないように、そこを境界として、ウィンドウのサイズを小さくすることである。
しかしながら、各種OSのウィンドウ・システムはそうなっておらず、一部でも表示が残るのであれば、ウィンドウの大半が見えなくなろうが、ウィンドウを枠外にはみ出て移動させることができる。自分は極めて少数派なのだ。せめて、自分にとってしっくりくるウィンドウの動きを実現してくれるツールがないものかと、長い間探していたのだが、近いものをようやく見つけた。

「窓の杜」レビュー「マルチモニター環境で役立つ機能がいっぱい詰まった「Multi Monitor Extension」

がそれである。とりあえず、ウィンドウを「見えない部分には、はみ出せない」ようにすることはできる。(残念ながら、さらなる「しっくり」は実現されない)
自分は、マルチ・モニタ環境ではなく、ノートPCにこのソフトを入れて試している。仮想デスクトップとの組み合わせはどうなるか興味深い。一部昔のソフトの表示がおかしくなる現象に気づいたが、致命的なものではない。

追記

が、結局、使うのをやめた。

|

ノートPC SONY VAIO で動かしている Ubuntu がサスペンドから復帰後、キーボード入力ができなくなって困った件

以前の記事「Ubuntu 21.10を縦置きタスクバーでWindows風にする」で書いているが、長年、主要機として愛用してきたノートPC SONY VAIO(Windows 8 プリインストール、Windows 10 で運用)が、あまりに重く、あまりに頻繁な Windows Update が時間がかかりすぎ、使いたいときに使えないので、あっさり、ばっさり、Windows を切り捨てて、Ubuntu 21.10 に替えた。現在は、22.04.1 LTS なのだが、以前同様、困るのが、サスペンドからの復帰後、キーボード入力ができなくなることである。21.10 のとき、ネット検索で調べて、色々対策を施してみたのだが、すべてダメで、仕方ないので、「アクセシビリティ」設定でスクリーン・キーボードを有効にして、これをクリックして、パスワード入力していた。
自分の使っているVAIOは、タッチ・スクリーン仕様なので、スクリーン・キーボードをマウスでクリックしなくても、スマートフォンでの文字入力のように、画面を指で触れて入力できるのはまだマシなのだが、やはりキーボードで文字入力できたほうがよい。
これは設定をいじらなくても、「運用で対処」できるので、以前から行っている方法をご紹介しておく。(限られた機種でしか役には立たないだろうと思いつつ)
 
通常のロック画面の右下隅に丸いアイコン(人の胸像シルエット)があるので、これをクリックする。と、ロック画面から、起動時のログイン画面に変わる。
画面上端のバー右端のほうにIME入力モード表示が「ja1」と表示されているところをクリックして、
「日本語 ja1」を
「日本語(かな86) ja2」に
(これは人によって設定が異なると思うが、自分の場合)切り替える。すると、キーボードが使えるようになるので、普通にパスワード入力ができる。
 
自分としては、全体的に、Windows より、Ubuntu(Linux)のほうが使いやすいのだが、ただし、Ubuntu は重大な欠点が一つある。それは以前の記事「自分はかな入力派、Ubuntuで全角長音記号(伸ばす横棒)の入力に困った件」で書いているように、日本語入力である。これは実用上、大いに困る。
 
[追記]最近、なにがきっかけだったのか、少しだけ様子が変わっている。
サスペンドからの復帰後、キーボード入力ができないのは相変わらずだが、ログイン画面に切り替えた後、入力メソッドをja2に切り替えなくても、ja1のままでキーボードが使えている。オンライン更新の影響だろうか。
と思ったのも、束の間、また元に戻ってしまった。(スリープからの復帰時、キーボードが使えないときは、ログイン画面に切り替えた後、入力メソッドをja2に切り替えればよい)

|

Windows VISTA で、ブラウザ Google Chrome(クローム)を使っていて、PC(パソコン)の時計が狂っていると表示されて、開けないWebページ(ホームページ)がある

PC(パソコン)の「時計が進んでいます」と表示されても、時計はNTPサーバに同期させて合わせており、合わせ直した直後でも狂っているとエラーページが表示される。

この解消方法として、Google Chrome(クローム)をアップデート(更新)せよ、と言われても、現在開発が継続されているクロームは、Windows VISTA をサポートしておらず、インストールできない。現状より上のバージョンに上げられない。事情は、別のブラウザ Firefox(ファイアーフォックス)も事情は似たようなものだが、Windows VISTA をサポートしている最終バージョンでは、表題の問題は発生しない。そこでしばらく Firefox を使っていたのだが、長年、クロームを使い慣れていると、どうしてもクロームを使いたいので、両方を併用していたのだが、ようやく、原因と適切な対処方法がわかった。早速、実行して、問題解消、VIATA をクロームだけで運用できるように戻った。
Letsencryptsocialshare2  
原因は、"Let's Encrypt" が提供する無償[電子]証明書の期限切れである。
そんなの気にしたことがないというのは、OSの提供する自動更新サービスで、一般的な証明書は更新されるからである。Windows VISTA はメーカーサポートが切れて、Windows Update で、証明書が更新されなくなってしまっていた。
 
"Let's Encrypt" 認証局の証明書(ルート証明書)"DST Root CA X3" は、2021年9月末をもって、期限切れになった。そのため、2021年秋には、証明書が自動更新されない、ネットワーク機器や、コンピュータOSで、あるWebサイトが閲覧できないというトラブルが多発した。見られないサイトは、"Let's Encrypt" 発行のサーバ証明書を使っているものばかりだった。「端末」側が、そのサーバ証明書を発行した認証局が、安全な認証局と判断するための[有効期限の切れていない]ルート証明書(認証局の証明書)を持っていなかったのである。
 
実は、Windows VISTA で、OSに対応するクロームを使っていて、時間が狂っていると出るのは、エラー表示内容が不適切なのはなぜか知らないが、"Let's Encrypt" 発行のサーバ証明書を使っているサイト[のページ]ばかりなのである。ならば、対策は明確で、"Let's Encrypt" の認証局の新しい証明書 "ISRG Root X1" を、OS(Windows VISTA)に入れてやればよい。(その手順は、自分で調べたり、試行錯誤してほしい。それができない方は、メーカーの思惑通り、最新のWindows入りPCを購入されたい。自分はさすがに Windows XP は使わなくなったが、VISTA はまだまだ現役で運用しているのである。古いPCで、新しいOSに入れ替えると、能力不足で動きが重くなり、使い物にならなくなることがもっぱらなので、日々運用しているものは入れ替えたくないのである)
 
参考:

|

PLC(Power Line Communication 電力線搬送通信)について - 初夢に見たかった

PLCは、簡単に言うと、電源を供給する電灯線を使った通信機器である。親機が一台、子機が複数台あって、これらをコンセントに繋ぐと、電灯線を介して通信を行ってくれる。要するに、ネットワーク配線をしなくても、自宅に引いてある電灯線が、LANケーブル代わりになるというものである。
いくつか試して一時的に使っていたのだが、残念なのは、電灯線がLANケーブル代わりになると言っても、それはPLC機器間の話であって、PC等の通信機器は、PLC機器に通常のLANケーブルで接続することになることである。例えば、もし、同じ部屋で複数台のPCを通信させようとするとハブが必要になる。PLCのライバルと目される無線LANでは不要だ。
PCの電源部に、PLCの子機相当のものが組み込まれていて、PCを電源に繋げば、LANにも繋ぐことになればよいのだが。次善の策としては、ACアダプタにPLCの子機相当を統合すればよいかもしれない。ただし、壁のコンセントに直接挿さないと、手持ちのタップから電源を取ると、うまく通信できないかもしれない。そう考えると、別の次善の策として、PLC子機を統合した電源タップがあればよいかもしれない。いずれにせよ、PLCにとって、パッチケーブル(ハブとPCを繋ぐ短いLANケーブル)不要になるのが最善だと考える。

PLCでは、無線LANのようには、LANケーブルやハブをなくせないこと以上に残念なのは、PLCは、WANには応用できないということだ。
PLCの通信が想定されているのは、一般家庭内で、ネットワークケーブルが配線されていないどの部屋からでも、インターネットが利用できることであって、PLCの親機は、ブロードバンドルータに接続される。
想像するのは、自宅の電灯線がLANケーブル代わりになるのであれば、各家庭に電力を供給している送電線もまた、通信に利用できるのではないか、ということ。これは空想ではない。実際、技術的に可能なのだ。ただ、問題があって、送電線を通信に利用すると、送電線から電磁波が漏れて、それがアマチュア無線通信などを妨害する恐れがあるらしく、国の認可が降りないらしい。
なんらかの方法でこの問題が解決されるとすると(例えば、個人的には、通信速度を制限することで解決できるのであれば、それで構わないと思うが)、ほとんどすべての家庭(賃貸も含めて)が、電気を引いているだろうから、全国民的なネットワークが実現するのではないか、と妄想する。(想像どころか、空想さえ超えている)
配電盤か電力メーターにPLC親機相当の機能をもたせ、家庭内でのPLC対応機器での通信に対応する。PCにとどまるものではない。テレビはもちろん、冷蔵庫や洗濯機も、電源コンセントに繋ぐだけでネット接続できる。(冷蔵庫が簡単にネット接続できるようになると、ドアに各種情報表示用の液晶パネルが付いたものが一般的になるだろう) そして配電盤から送電所までの通信は、各地域の電力会社に集約され、それらの間を相互に接続する。すると、各家庭が、全国規模の[IPv6]ネットワークに接続することになる。

インターネット利用は横に置いておいて、この全国民ネットワークを運営するのは、国であるべきだろう。電力会社ではない。国は電力会社の設備を借りて、ネットワークを運営する。この全国民ネットワークは、マイナンバーカードよりずっと実用的で役立つと思う。(ワンチン摂取の予約はおろか、自動車免許の更新時期を知らせてくれたり、小学校の行事予定も教えてくれるし、広報放送も流せる) ブロードバンドで動画配信する必要はないが、音声通信ができるとなお良いだろう。それが無理で、もっと帯域が限られたとしても、利用価値は十分あると思う。

考えたら、この妄想を実現できそうな別の設備がもう一つ、以前からあった。電話だ。最近では、携帯電話しかないという家庭もあるかもしれないが、一昔前は、有線の固定電話しかなかった。
日本電信電話公社は、分割民営化されて、国の手から離れてしまった。NTTは全国規模のブロードバンドのネットワークをもっている。残念ながら、これは一企業の「商売道具」であって、全国民が利用できるものではない。
なぜ国が電話を手放したか知らないが、現在の日本の「デジタル化」の遅れを見ると、取り返しのつかない失敗だったのではないかと思える。

|

Google Chrome のブックマークバーの設定について

ブラウザは、Google Chrome を出始めの頃から愛用している。ゴミのようなブックマークが溜まりすぎたので、少し整理した。その際、なぜこれまでこうしてこなかったのだろうと思う整理の仕方を行った。

1a

2a

このように、ブックマークバーにフォルダを並べると、あたかも、プルダウンのメニューバーのように使える。良くない?

|

MacintoshにWindows向け外付けキーボードを繋ぐと使いにくかった件(続)

前回記事「MacintoshにWindows向け外付けキーボードを繋ぐと使いにくかった件」の続き。
ターミナル(zsh)で ping を打って、Macの場合UNIX流で、Windowsのようにデフォルト4回で止まったりしないので、CTRL+Cを打って止めようとするのだが、まったく効かない。CTRL+Zも駄目。なぜかわからず、ターミナルごと終了させていた。これではいけない。
悩んでWeb検索してみたが答えは見つからず、たまたま、右側のCTRLキーを使ってみたところ、CTRL+Cが効くではないか! ようやくわかった! Karabiner でキーバインドをいじっていて、左側のCTRLキーを押すと、CTRLになっていなかった。早速、Karabiner からこの定義を取り除くと、普通に左側CTRL+Cで、pingを終了させられるようになった。
標準の「システム環境設定 > キーボード > 修飾キー...」で、CommandキーにCTRLを割り当てれば良いと思うかもしれないが、Mac標準では、コピー/カット/ペーストは、Commnad+C/X/V になるので、今度はこれがやりにくくなってしまう。テキストエディタアプリ CoEditor のように、アプリ独自のキーバインド設定をできるものもあるが、それで CoEditor はCTRL+C/X/V等が使えても、テキストエディットその他のアプリは、Mac本来のキー割り当てを使わないといけなくなり困ってしまう。
望ましい設定としては、Mac標準の Commnad+C/X/V はそのままで、これに CTRL+C/X/V のコピー/カット/ペーストも有効にすることだろう。探してみたところ、ありました!

Karabiner-Elements Preferences で、「Complex Modifications > [+ Add rule] > [Import more rules from the Internet (Open a web browser)]」から、「Personal Settings > Personal PC-Style Shortcuts(@Bave Lee)」を [Import]、"PC-Style Copy/Paste/Cut" ほか、必要なものを [+Enable] で取り込む。

20221010-193422 20221010-194246

これで、Windows向けキーボードに慣れた指で、Macintoshのアプリケーションを違和感なく操作できるし、リモートデスクトップ接続したWindowsの操作も、ターミナルでの CTRL+C の入力も問題なし。
ただし、ターミナル(zsh)のキーバインドは、改善の余地があるかもしれない。

|

MacintoshにWindows向け外付けキーボードを繋ぐと使いにくかった件

過去記事「自分はかな入力派、Ubuntuで全角長音記号(伸ばす横棒)の入力に困った件」その他で言及しているUbuntuをインストールしたノートPCの電源がいきなり落ちて、入れても落ちるのを繰り返した後、すっかり電源が入らなくなってしまった。仕方なく、同じサイズのメモリを搭載した、MacBook Pro(macOS Monterrey 12.3.1)で代用することにしたが、まず、Windowsキーのついた外付けキーボードでうまく操作できなくて困った。コピー&ペーストや全角半角切り替えに、慣れた操作が使えなくなったしまった。ネット検索で調べて、キーバインドを変更できるソフト "Karabiner-Elements" を導入、CTRL+C, CTRL+X, CTRL+V, 半角/全角キーが使えるようになり、相当使いやすくなった。
困ったのは、リモートデスクトップで Windows を使うときで、これがローカルで使うようなキー操作が通用しなくなってしまった。いまだ試行錯誤中だが、本日時点での最良設定をメモ代わりに残しておきたい。

  • このための "Karabiner-Elements" の追加設定は不要(逆に変な設定は入れないほうかがよい、これはあくまでローカルのMacでWindows向け外付けキーボードを使う設定のみでよい)。
  • 「mac から windows にリモートデスクトップ キー配置」でネット検索したところ、レジストリエディタで、
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM
    \CurrentControlSet\Control
    \Keyboard Layouts\00000411
    Layout File の値を "KBDJPN.DLL" から "KBD106.DLL" に書き換えよ、
    とのことだったのでそうした。
  • それから、macで使っている Microsoft謹製 Remote Desktop アプリで、メニューバーの
    Connections > keyboard Mode を、Scancode にチェックが入っていたのを、Unicode にチェックし直し。
  • IMEは、Google日本語入力をインストールし、デフォルトのものは無効にした。(デフォルトのものをWindowsへのリモートデスクトップで使うと変換中の表示がよろしくなかったので)

これでまずまず違和感なく使えている。
ただし、そもそも Macintosh のユーザーインターフェースが慣れない。高解像度の外付けディスプレイ向けではないと感じる。(これを改善するアプリもあるようだが)
比較的新しい MacBook Pro を仕事に回したので、iTunes用は、以前使っていた Core2Duo の貧弱な MacBook Pro に戻した。非力なこと以外、これはこれで気に入ってる端末で、CDドライブ内蔵なのはCD取り込みにありがたい。MacOS Xのユーザーインターフェースは、この狭い画面で全画面表示にした各アプリを切り替えつつ使うのに向いているのではないかと思う。広い画面で使うならUbuntuの方が良い。

|

より以前の記事一覧